2016年12月14日

オープンソースのKiCADでLPC824のDIP化基板を作ってみる(14) フットプリント割り当て2

作成した3つのフットプリントを割り当てていきます。

ライブラリを登録するために、Cvpcbの設定を開きます。

Image 155.png


ウィザードを使用して追加 をクリックします。
立ち上がり時間かかります。

Image 158.png

ローカルファイルを指定するので、そのままNext
Image 159.png

前回作成した、プロジェクト以下の.prettyフォルダを指定してNext。
Image 160.png

ステータスがOKのことを確認してNext
Image 161.png

今後も他のプロジェクトでも使用するか、このプロジェクトだけか聞かれるので
とりあえず現在のプロジェクトのみにしておきます。

Image 162.png

無事に登録されました。

Image 163.png

リストにLPC824_DIPが追加されています。
うまく表示されないときは、KiCAD全部1度閉じて開いた方がいいかも。

Image 164.png

未割り当てだったアイテムに割り当てていきます。
Image 165.png

全部うまったので、忘れずに保存しておきます。

Image 166.png
posted by EWRXJP at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NXP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444263737
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック