2016年12月16日

オープンソースのKiCADでLPC824のDIP化基板を作ってみる(16) 部品配置

では部品を並べていきます。

今回はDIP化 ブレッドボードに挿せるように、を目標に作ります。
Image 183.png

ベースとなるピンヘッダを2.54mmで配置するためにグリッドを2.54mmに変更。
Image 185.png

とりあえず10ピンピンヘッダ2列を配置し、部品を並べていきます。
部品を移動するときはショートカットキーを使っています。
回路図エディタと同様に移動はMoveのM。
回転はRotateのRです。

部品とかリファレンスとかが重なっていてどれか分からないときは
KiCADがどれを選択するか聞いてくれるので、便利です。

Image 186.png

ピンヘッダ以外は、1.27mmピッチで並べてみました。
ラッツネスト(白い線)が短くなるように並べていきます。

Image 187.png

細長基板になりました。続いて、配線は幅設定と、外形を作っていきます。

posted by EWRXJP at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NXP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444362070
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック