2016年12月21日

オープンソースのKiCADでLPC824のDIP化基板を作ってみる(21) シルク文字とガーバ作成

シルク文字を追加します。
今回はピンヘッダに番号を
追加します。

作業をしやすくするために、F.CuとB.Cuを非表示にして、
F.Silksレイヤーを選択します。


Image 256.png

テクストツールを選択
Image 257.png

文字シルクを追加したいところをクリックし、テキストを設定。
幅、高さ、太さがデフォルトだと大きいので小さくします。

Image 258.png

シルク文字を追加できました。
Image 259.png

続いて、ドリルファイルの原点設定をします。
やらないとどうなるか分かりませんが、おまじないとしてやっておきましょう。

Image 260.png

基板外形の左下をクリック。
Image 261.png

マークがつきました。


Image 262.png


さて、データが揃ったので、ガーバファイルを生成します。

ファイル>プロットを選択
Image 263.png

生成フォルダを選択します。
Image 264.png

プロジェクトフォルダにGerberフォルダを作成して選択します。
フォルダ名は任意です。
Image 265.png

はい、で続行。
Image 266.png

レイヤで.Cuと.Silksと.MaskとEdge.Cutsを選択。
Protel.の拡張子を使用 にチェック。

このチェックポイントは入れなくても良いのかも知れませんが、
念のため。

製造ファイルを出力 をクリック。
Image 270.png

ドリルファイルは別途生成です。続けてドリルファイルの生成を実行。
デフォルトで実行します。
Image 269.png

Gerberフォルダ以下に計8個のファイルが生成できました。

Image 271.png

このフォルダをzipで固めれば、製造ファイルの準備完了です。

posted by EWRXJP at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NXP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444377525
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック