2016年12月30日

オープンソースのKiCADでLPC824のDIP化基板を作ってみる(30) 外部クロック(宿題)

今回作成した基板は12MHzの振動子も実装しています。



Image 362.png

うごかしているプロジェクトは内蔵の12MHzでPLLで30MHzにして動作させています。

LPC82xのユーザマニュアルをみたり呼ばれていないけど用意されている関数等を
呼んでみたりしたのですが、動作させられていません。

lib_lpc_board_8xxのboard_sysinitの
/* Set up and initialize clocking prior to call to main */
void Board_SetupClocking(void)
{
 /* Crystal is available on the board
  * but not connected by default.
  */
  Chip_SetupIrcClocking();

}

  Chip_SetupIrcClocking();の代わりに

       Chip_SetupXtalClocking();
を呼ぶ。

先だって
UM10800の
5.3.3 Set up the system oscillator using XTALIN and XTALOUT
に従って

 Chip_Clock_EnablePeriphClock(SYSCTL_CLOCK_SWM);
       
        ///
        Chip_IOCON_PinSetMode(LPC_IOCON, IOCON_PIO8, PIN_MODE_INACTIVE);
        Chip_IOCON_PinSetMode(LPC_IOCON, IOCON_PIO9, PIN_MODE_INACTIVE);
       
        Chip_SWM_EnableFixedPin(SWM_FIXED_XTALIN);
        Chip_SWM_EnableFixedPin(SWM_FIXED_XTALOUT);

なども呼んでみたのですが、
Chip_SetupXtalClocking関数内で

PLLのロック待ちで無限ループになってしまいます。
ちゃんと発振できていないようです。

ハード要因かソフト要因かは切り分けていかないといけない、のですが。

外付けも12MHz、内蔵も12MHz ということで、
精度を気にしなければ、実装面積もコストも内蔵でいいのでは、ということで
とりあえず、宿題としておきます!


参考までに、今回の基板のLPC_824_DIP.pdf回路図をアップ。

スイッチが3.3V出力。
クロックは動作未確認ですので、本当に参考まで。

その他はピン出しだから問題ないかと。

posted by EWRXJP at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NXP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444679952
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック