2016年12月31日

オープンソースのKiCADでLPC824のDIP化基板を作ってみる まとめ

今月は、オープンソースのkiCADを使って、

・回路図作成
・パターン作成
・基板製造
・部品手配
・部品実装
・ソフトを動かす

ところまでやってみました。

一昔前だったら、高価で手が出ない、あるいは部品も入手できない、というものが
手軽にできるようになってびっくりしますね。

まとめです。
















































それでは、皆様良いお年を!





posted by EWRXJP at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめトップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

GR-PEACHで勉強まとめ

GR-PEACHで勉強をまとめておきます。


GR-PEACHで勉強(1): GR-PEACHって進化している        
GR-PEACHで勉強(2): GR-PEACHの使い方を再度確認(1)      
GR-PEACHで勉強(3): GR-PEACHの使い方を再度確認(2)      
GR-PEACHで勉強(4): GR-PEACHの使い方を再度確認(3)     
GR-PEACHで勉強(5): GR-PEACHの使い方を再度確認(4)   

GR-PEACHで勉強(6): GR-PEACHの使い方を再度確認(5)  
GR-PEACHで勉強(7): GR-PEACHの使い方を再度確認(6)    
GR-PEACHで勉強(8): 情報はここを確認してみよう          
GR-PEACHで勉強(9): LCDパネルを装着               
GR-PEACHで勉強(10): LCD用のサンプルを探す       

GR-PEACHで勉強(11): LCD用のサンプルを動かす       
GR-PEACHで勉強(12): LCD用のコードを手元でみる    
GR-PEACHで勉強(13): そういえばRGAって何よ?           
GR-PEACHで勉強(14): main.cppを見る           
GR-PEACHで勉強(15): LCDの初期化関数を見る         

GR-PEACHで勉強(16): DRV_Graphics_InitにてVDC5の初期化    
GR-PEACHで勉強(17): 残りの初期化       
GR-PEACHで勉強(18): RGAでの描画の一例              
GR-PEACHで勉強(19): オーディオ/カメラシールド        
GR-PEACHで勉強(20): GR-PEACH_Audio_Playback_Sample     

GR-PEACHで勉強(21): GR-PEACH_Audio_Playback_Sampleをメイク  
GR-PEACHで勉強(22): 今度はuITRONを使ってみる          
GR-PEACHで勉強(23): μC3でuITRON(壱)              
GR-PEACHで勉強(24): μC3でuITRON(弐)           
GR-PEACHで勉強(25): μC3でuITRON(参)        

GR-PEACHで勉強(26): μC3でuITRON(四)             
GR-PEACHで勉強(27): μC3でuITRON(伍)            
GR-PEACHで勉強(28): μC3でuITRON(六)              
ちょっと不完全なとこもありますが、ここでいったん終了します。
乱筆に付き合っていただき、ありがとうございました。
ラベル:mbed RZ/A1 Cortex-A9
posted by EWARMJP at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめトップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

GR-PEACHのまとめ:GR-PEACHを使う、GR-PEACHで遊ぼう

GR-PEACHですが、RZ/A1Hという10MBのRAMと400MHzの動作速度のCortex-A9を採用しており、大変遊びがいのあるマイコンです。
でも、なかなか使いこなせていないです。
ちょっと時間が空いたので、これまでのやってきた内容”GR-PEACHを使う”と”GR-PEACHで遊ぼう”のまとめをしておきます。

GR-PEACHを使う(1): GR-PEACHとmbed               
GR-PEACHを使う(2): GR-PEACHのサンプルをmbedでコンパイル       
GR-PEACHを使う(3): GR-PEACHのサンプルをボードにダウンロードして実行
GR-PEACHを使う(4): デバッグに挑戦:EWARMとattachを使用       
GR-PEACHを使う(5): デバッグに挑戦:CMSIS-DAPで苦戦中
GR-PEACHを使う(6): GR-PEACH用のEWARMでプロジェクトを作る   
GR-PEACHを使う(7): Cortex-Aの命令セットは?           
GR-PEACHを使う(8): ARM命令とThumb命令を使い分けるには?       
GR-PEACHを使う(9): ARM命令とThumb命令の区別は?       
GR-PEACHを使う(10): ARM命令とThumb命令の変更は?     
GR-PEACHを使う(11): スタック設定をするためにレジスタ調査   
GR-PEACHを使う(12): スタック設定をするために動作モード調査   
GR-PEACHを使う(13): スタック設定をするために動作モード調査2   
GR-PEACHを使う(14): スタック設定をするために動作モード変更
GR-PEACHを使う(15): スタック設定をしているコードは?      
GR-PEACHを使う(16): スタック設定をしているコードは2?      
GR-PEACHを使う(17): スタック設定のやり方を読む           
GR-PEACHを使う(18): スタック設定をカスタマイズする
GR-PEACHを使う(19): スタック設定をカスタマイズする2
GR-PEACHを使う(20): スタック設定のコードを自分で書き換える  
GR-PEACHを使う(21): リンカ設定とコードの関係を調べる
GR-PEACHを使う(22): NEON命令で最適化
GR-PEACHを使う(23): NEON命令で最適化(2)


posted by EWARMJP at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめトップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

mbed-osなどを使ってみようのまとめ

mbed-osなるものをこれまで見てきました。
 ここでは、mbed CLIやエキスポートして手元でコンパイルしたり、デバッグしたりすることをやってみました。
 これまでの内容をまとめて張っておきます。


ラベル:mbed LPC1768
posted by EWARMJP at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめトップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

Sitaraプロセッサのまとめ

Beagleboneを利用してAM3359の理解するということやってきましたが、41回もやったのですこし力尽きました。

いったんまとめておきます。
posted by EWARMJP at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめトップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

IARのメールニュースで紹介されたSTM32F0の使い方をやってみる:まとめ

今回は、IARのメールニュースを参考にSTM32F042を開発環境を立ち上げてみました。
さらに、ADCを使って温度センサーからデータを読み取ることまで実施しました。
ポイントは、STM32VL-DISCOVERYをICEプローブとして使うことで、安価な開発環境を立ち上げることです。

いつまでIARさんが資料を公開するか解りませんが、いちおうここにリンクを貼っておきます。


それでは、これまでの内容をまとめておきます。

IARのメールニュースで紹介されたSTM32F0の使い方をやってみる(1)
IARのメールニュースで紹介されたSTM32F0の使い方をやってみる(2)
IARのメールニュースで紹介されたSTM32F0の使い方をやってみる(3)
IARのメールニュースで紹介されたSTM32F0の使い方をやってみる(4)
IARのメールニュースで紹介されたSTM32F0の使い方をやってみる(5)
IARのメールニュースで紹介されたSTM32F0の使い方をやってみる(6)  
IARのメールニュースで紹介されたSTM32F0の使い方をやってみる(7)
IARのメールニュースで紹介されたSTM32F0の使い方をやってみる(8)   
IARのメールニュースで紹介されたSTM32F0の使い方をやってみる(9)   
IARのメールニュースで紹介されたSTM32F0の使い方をやってみる(10)

Cortex-M0/M0+はマイコンも安いですし、ICEも評価ボードを使えば2000円でおつりが来ますし、EWARMもサイズ制限版を使えばFreeですので、まだARMマイコンを使ったことが無い方は遊んでみるのはいかがでしょうか?

posted by EWARMJP at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめトップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする