2016年12月25日

オープンソースのKiCADでLPC824のDIP化基板を作ってみる(25) 基板実装

DHLで基板が届きました!


DSC_0064.jpg


10枚輪ゴムで結ばれて、真空パックされています。
自作基板を手にとるのは嬉しいものです。
DSC_0066.jpg

今回は部品10種類程度。
チップ部品が多いので、100均一で売っているビーズアクセサリ用のケースに収納。
DSC_0065.jpg

小さく作りたかったので、チップ部品を立って、1608にしたのですが
手実装は大変ですね。。

LPC824のSSOPはトラブルなく半田付けできました。


PCBwayとかで、実装作業までお願いできるのですが、
小ロットだと、高くつきそうなのと、いまいちオーダー方法とか部品の渡し方を
わかっていないので、やったことないです。
今度、やってみようかな。

なんとか面実装部品だけ実装できました。

Mac8のジャンパ用の治具、じゃん太もしっかり嵌合しています。


I-jetとLPC824がお話できるか、確認してみます。
いきなり、プロジェクトを走らせると、動かなかったときがわからなくなってしまうので
EmuDiagを使います。

プロジェクトオプションでI-jetを使う設定にして、I-jet>Emudaigを選択

Image 310.png

I-jet Power...を開き、5V供給用にONをクリック。
Image 311.png

VTrgPwrが約5V、VTRefが3.3Vになっているので、5>3.3のレギュレータが動作していることが
わかりました。

Image 312.png

続いてTest JTAGを開きます。
Image 313.png

ARM-SWD 20/10を選んで、Use SWDにチェックを入れて、Testをクリック。

緊張の週間ですが、JTAG 10MHzで、I-jetがLPC824とお話できました。


Image 314.png
最大の難所はクリアです。

3.3Vにぶら下げている電源LEDが明るく光っています。

DSC_0067.jpg



続いて、クリスタルと、ピンヘッダを実装したら完了です。

1円と並べてみました。
単純にDIP化だけだったら、LPC824と、ピンヘッダだけで良いのですが、
単独で、動作するようにした割には、小さくできたかと。

DSC_0069.jpg

基板製造としては、こんな感じです!

あとは少しソフトを動かしてみたいと思います。

posted by EWRXJP at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NXP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

オープンソースのKiCADでLPC824のDIP化基板を作ってみる(24) 製造・発送待ち

申し込みは終わったので、後は製造待ち、配送待ちです。

PCBWayの気に入っているところは、製造状況がリアルタイムに確認できることです。

オーダー後1日は動きありませんでした。

2日目から、製造が進んでいきました。




Image 292.png

数時間単位で、工程が進んでいることがわかります。
Image 293.png

この間に秋月電子とチップワンストップにオーダーしていた部品が届きました。
こちらはオーダして、1日で入手。さすが国内。

DSC_0062.jpg

抵抗そんなに使いませんが、リールでしか買えないし、500円だし。

3日目に、基板の製造が終わり配送に移りました。

今回はDHLを選択しています。
コストと速さを考えるとDHLがバランス良いと思います。


View LogisticsでDHLの番号を確認できます。

DHLも今どこまで来ているのか、確認することができます。
Image 298.png
Image 303.png

ガーバを提出して、国内で入手できるまで、だいたい1週間かからないくらいですね。
安い!速い。

ようやく、基板をゲットです。
posted by EWRXJP at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NXP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

オープンソースのKiCADでLPC824のDIP化基板を作ってみる(23) 基板のオーダー(2)

2時間ほど待って、またPCBWayのサイトにログインしてみたら、ファイルチェックがPassしていました。
通知のメールが来ていませんが、そういうもんだったか、以前の記憶がありません。。

支払いは、PayPalのみのようです。
PayPalボタンを押して、支払いをしていきます。


Image 282.png

Paypal、面倒なようですが、Paypal自体はしっかりしているし、
こういう国外のサービスの時は、かえって安心だと思います。

Paypalについてはこちら。


初回はPCBWayで使用するPaypalアカウントの紐付けなどをさせられると思います。

無事支払いが終われば、下記のようなページに遷移します。
Image 283.png

また、元のページにダイアログが出ているので、Payment Doneをクリックしましょう、
Image 284.png

今回の発注がPaymentからFablicatoin(製造)に移ります。
Image 285.png

あとは製造と発送を待つだけです。
だいたい1週間くらいですかね。

posted by EWRXJP at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NXP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

オープンソースのKiCADでLPC824のDIP化基板を作ってみる(22) 基板のオーダー

さて、作成したガーバファイルを使って、基板を製造します。

最近は色々と基板メーカありますが、PCBWayが、価格も安く、かつ製造の進捗もこまめに
アップデートされるので、お気に入りです。


Image 272.png

初回はJoinします。 英語ですが、特殊なフィールとはないので、
入力できると思います。
Image 273.png

PCB instant Quotesを選択し、基板情報を入力していきます。

基板外形サイズをmmで入力。
あとは基板の厚さや基板の色、シルクの色を選択できます。

Image 274.png
Image 275.png

Calculateをクリックすると、価格が表示されます。
Image 276.png

製造3,4のプランで10枚で$10。
一枚ほぼ100円です。安い。

送料の方が高くつきますね。
DHLで$21。
それでも合計約3000円です。
Image 277.png

Add to Cartをして Add PCB Fileを選択
Image 278.png

zipファイルを選択してアップロードします。

Image 279.png


Image 280.png

支払い、の前にPCBWayの方で ファイルのチェックをしてくれます。
人手でチェックをしているようです。

チェックが終わり問題がなければ支払いの案内が来るので、少々待ちましょう。
速ければ数時間、遅くても1日以内には連絡もらえています。


Image 281.png

posted by EWRXJP at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NXP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

EWARM 7.80.3が出たようです

IARさんのサイトを見ていたら、EWARM 7.80.3がアップされています。

大きな変更はなく、新しいデバイスのサポートだけですね。。。

fig_EWARM7803.png
続きを読む
posted by EWARMJP at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | EWARM | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする